So-net無料ブログ作成

偉大なるアニメーター・湖川友謙先生が松本零士先生と惑星間戦争勃発の巻 [社会派]

テレビ版「銀河鉄道999」にも参加した無名のアニメーターが
メーテルのイラストを勝手にオークションサイトに出品。
原作の漫画家・松本零士氏(81)が
嘆くことしきりなのである。

アニメーターの名は湖川友謙(こがわとものり)(69)。

「巨人の星」などに関わった後、
1978年の「宇宙戦艦ヤマト」の劇場版や、
同年のテレビ版「銀河鉄道999」で作画監督を務めた。

元ファンによると、
「湖川先生は最近はあまりアニメの仕事はしておらず、
実は3年ほど前から直筆のイラストを
『ヤフオク!』に出品して荒稼ぎしているのです」

彼がキャラクターデザインを手がけたアニメ
「聖戦士ダンバイン」のイラストなどが、
毎月20点近く出品されている。

「1作品、3万円から5万円ほどで落札されています。
デザインを手がけたとはいえ、著作権を持つはずの
アニメの制作会社から許可は得ていません。

何より『銀河鉄道999』のメーテルなども彼の直筆で
出品されているのです。価格は20万円がつくこともあります」

数年前までは飲み会の代金すら払えないこともあった湖川氏は、
急に羽振りが良くなったのだという。

「これまでに1千万円以上は稼いだのではないでしょうか。
旅行に出たり、ブランドものの服も着るようになりました」

この件、メーテルの生みの親、松本零士氏はご存じか。

「失礼ですけども、湖川さんという方を存じ上げませんでした。
昔、作画担当として参加した大勢のスタッフの一人
だったのでしょう。
本来であれば、私に許可を得なければならないところ、
彼が接触してきたことはありません」
松本氏は、悲憤の表情を浮かべながら続ける。

「当然、作画をしたからといってそのキャラクターを
勝手に描いていいということにはなりません。
『銀河鉄道999』は私がキャラクターの設定や衣装の
デザインまで考えていますから」

そして、こう訴えるのだ。

「キャラクターの本質を理解している私が描くから
メーテルはメーテルになるのです。
実際に彼のイラストを見ると、
画風が私のものとはまったく異なります」


湖川友謙氏は「メーテルで儲けようなんて思っていませんし、
オークションなんて本当はやりたくないんですよ。
でも、ファンの人にイラストが欲しいと言われて、
サービスのつもりで描いている。値段はいくらでもいいんです」

松本氏の嘆きについても猛反論。

「松本さんは漫画のメーテル、私はアニメのメーテルを
描いている。アニメ用のイラストは線が細く、
簡略化されています。私がデザインしたものを
勝手に描いて何が悪いんですか」

だが、この取材の後にはなぜか、サイトから
すべての出品作がなくなっていた。

著作権に詳しい金井重彦弁護士が言う。

「雰囲気や線の太さに違いがあるにしろ、メーテルだと
誰がみても分かるものであれば、著作権侵害にあたります」

                  引用元 週刊新潮
EA16WBzU4AExoYO.jpg


ひどいなぁ。

松本零士先生が。

彼の描いたものと私の描いたものはまったく違う、
と言いながらも、これは「メーテル」だと認めてる。

それに、
「湖川さんという方を存じ上げませんでした」。

…もう、過去の事はすべてお忘れなのだろうな。
振り返らない主義なのだろうな。
アニメ制作現場で何度も顔をあわせて、
雑誌などでも対談されている…。
EA16U5dVAAE-2EF.jpg

大体、湖川友謙先生は無名の一スタッフなどではない。
「伝説巨神イデオン」「聖戦士ダンバイン」など一連の作品は、
アニメ史に残る傑作であり、「宇宙戦艦ヤマト」など、
松本零士先生の作品にもゆかりは深い。

アニメ人気あってこその、漫画作品なのに、
こんな人はしらない」。

アニメ界を支えた巨匠に対して、
「飲み会の会費も払えない」。
ここまで書く必要があるのだろうか…。

まだまだ日本はアニメーションにおける功績者の扱いが
低すぎる。70代に差し掛かろうとする巨匠が
今も色紙を描かないと食べていけない環境が
それを物語っている。

海外のデズニーなんかでは考えられない過酷な待遇だわ。
ひどすぎる。

それにしても、このオッさん。
20190730-00573805-shincho-000-2-view.jpg

なんで、こんなにちょくちょく揉めるの?。
アチコチで。
nice!(48) 

消費増税・食品の軽減税率、それは8%なの?10%なの?、誰にもわかりませんの巻 [社会派]

国税庁は1日、今年10月の消費増税時に導入する
軽減税率について、適用対象になるかどうかを
事例ごとに解説する「Q&A」を改定した。

企業側からの質問に回答したものがほとんどで、
おもちゃ付きハンバーガーセットや食品取引に伴う
諸費用の扱いなど実務的な内容が目立つ。

増税まで2カ月を切り、
政府は広報活動の強化も進める方針だ。

軽減税率制度は、お酒や外食を除いた食べ物・飲み物や、
定期購読の新聞の税率を8%のままに据え置く制度だ。

飲食料品は持ち帰りするだけなら8%だが、
店で飲み食いすれば10%になる。

店内飲食と持ち帰りがハッキリと分かれている店は
簡単だが、例えば屋台のたこ焼きを近くのベンチで
食べる時のように、税率の判断に迷うことも予想される。

Q&Aによると、このケースでは屋台の店主が
置いたベンチで食べるなら10%だ。
改定ではさらに考え方を追加。

例えば、近隣ビルのベンチでたこ焼きを食べた場合、
屋台の店主とビル管理者の間で「ビルのベンチを使って
食べていい」というような暗黙の合意があれば
10%になるとした。

改定Q&Aではファストフード店を念頭に、
子ども向けのおもちゃが付いたハンバーガーセットにも
触れた。ハンバーガーや飲みものは持ち帰りなら8%だが、
おもちゃは常に10%。

ただ実際はおもちゃを非売品としているケースも多いため、
改定Q&Aでは、おもちゃを「0円」としてレシートに
表記することを認めた。

この方法なら細かい線引きは気にせず、
セット全体に8%か10%の税率を適用できる。

遊園地内の売店で買った食べ物を園内で
「食べ歩き」する際の扱いも明確化した。
売店が設置した椅子などで食べているわけではないので、
持ち帰りと同じく税率は8%となる。

軽減税率の線引きは、事業者間の取引でも大きな課題だ。

その代表例が食品と同じく軽減対象になる「食品添加物」だ。
例えば炭酸ガス。
溶接など工業用に使うものは10%だが、
改定Q&Aでは食品添加物として売る場合は
8%になることを明確にした。

事業者間取引では、リベートなどの支払いも課題だった。
例えば食品卸業者がスーパーに対し「物流センター」の
利用料として支払うお金。
リベートとともに払われることが多いが、
これは軽減対象外とした。

一方、食品の販売数量に応じたキックバックなど、
軽減対象になるリベートもあり国税庁は
「取引の性質をよく精査してほしい」としている。

軽減税率の線引きは、業態や個々の取引の性質によって
異なる。事業者側がビジネスの内容に照らし合わせて
自ら考える必要がある。

中堅以上の企業では理解は進みつつあるが、
個人経営の飲食店などでの認知度はまだ低い。

政府は8月以降、インターネット上の特設サイトなどを
通じて制度の普及啓発を強化する。
国税庁も全国の税務署を通じて、
改めて制度の広報活動を強化する方針だ。

              引用元 日本経済新聞
96958A9F889DE6E0E2E7EBE0E1E2E2E7E2E1E0E2E3EB9391EAE2E2E2-DSXMZO4205918005032019AC8001-PB1-1.jpg

なにひとつ、
明確になってない。



余計混乱した!。

タコ焼き屋の屋台のオヤジが、むかいのビルの
ベンチの持ち主と使用において、暗黙の合意があるかどうか、
お客にわかるか?。

もう国税庁は日本国民に超能力を使うのです!と、
言っているようなもんだろう。

どうだろう、各店舗にひとりずつ国税庁から無償で
職員を派遣するんだ。で、レジを打つ時に横で判断してもらい、
店員さんに耳打ちしてもらう。

店舗も納得、お客も納得ではなかろうか?。

レジでは持ち帰ります!と虚偽の申告をして、
表のベンチで飲食…見つけた店員はあと2%を請求するために、
お客を追いかける。お客逃走。

このような光景が10月以降、日本各地で見られる事態となる。

ただ、別に8%で取ろうが、10%で取ろうが、
事業者にも、消費者にも罰則はなさそうだ。

ということは売るほうの匙加減ひとつですべて8%で、
販売することも可能…やな。

あの店で買えば、2%安い…そんな時代がすぐそこまで。

なんていいかげんな国なのだろう。日本をぶっ壊せ。
nice!(28) 

時速200キロで頭上を走るホバーバイクが10月より100台限定で予約開始の巻 [社会派]

小型無人機などを開発するベンチャー企業
A.L.I.テクノロジーズ(東京)は1日、
地上から浮いて移動するバイク型の乗り物
「ホバーバイク」の購入予約受け付けを、
10月から始める方針を明らかにした。

同時期に開かれる東京モーターショーに出展。
最新技術をアピールし、海外の富裕層への売り込みを目指す。

予約を始めるのは約100台限定のモデル。
機体下部のプロペラで地上から最大約10メートル浮かび、
最高時速約200キロで移動できるという。

主にレジャーでの利用を想定しているが、
国内の公道での使用はまだ認められていない。
価格は高級スポーツカー並みの見通し。

2020年後半ごろの引き渡し予定で、
同年初めには中東のドバイで試乗会も開く。 

                 引用元 時事通信社
a757e_1596_20190801at60S_p.jpg

時代がようやく「ノラえもん」や「鉄腕アタマ」に
近づいてきたな。

もう見上げれば、人が空中を走ってる時代やで!。

しかし、時速200キロって、かなり危険ちゃう?。
安全面は大丈夫なの?。

公道は走ることができない…。
ヨソの屋根の上とかなら大丈夫なのだろうか。
ドローンみたいに、売りつけてから、
アレもダメ、コレもダメとがんじがらめにされて、
走らせることができなくなるんじゃない?。

今の日本なら、まだアチコチの電線に引っかかるやろ?。
とても実用的とは思えない。

nice!(24) 

聖地・奈良県橿原市で京都アニメーション支援運動広がるの巻 [社会派]

「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件から
1日で2週間となります。
アニメの舞台となった橿原市内では被害者や会社を
支援しようと、募金やメッセージを募る動きが広がっています。

京都アニメーションの制作した「境界の彼方」という作品には、
橿原神宮前駅や学校など橿原市内の町並みや建物を
モデルにしたシーンが登場し、
ファンから「聖地」として親しまれています。

事件のあと、地元の橿原市は被害者や会社を支援しようと、
キャラクターのパネルや「聖地」を紹介する地図などとともに
メッセージをつづるノートを分庁舎に置きました。

夫婦で訪れてメッセージを寄せた地元の30代の女性は
「京都アニメーションの作品には元気づけられてきました。
これからも作品を見たいので、復活をいつまでも待ちます」
と話していました。

橿原市観光政策課の榊啓太係長は
「京都アニメーションの事業再開を願って特設ブースを
設置しました。被害に遭われた方には一刻も早く
回復してもらいたいです」と話していました。

このほか橿原市内では、地元の観光協会やアニメに
登場する喫茶店が募金箱を設けるなど、被害者や会社を
支援する動きが広がっています。

           引用元 NHK奈良(画像とも)
i-img1200x1200-1537201445l8gzqy1191521.jpg

いやぁ~、お隣橿原市が「聖地」だとは、
不勉強で知らんかった。
昭和以降のアニメには明るくないのよ。

この京都アニメーションに対する募金、
すんげぇ勢いで集まってるけれど、「収益」として
税金がかかるらしいな。

なんでもかんでも税金取りやがって…。
キミらの善意の一部は京アニではなくて、
国に納められてしまうのであった。

で、容疑者の情報も小出しにするのやめぃ。
最初は京アニとの接点はない!と社長自ら断言しておいて、
後出しで、実は小説公募に応募してきてた。

要項を満たしてないので落とした…とか。
入選してない、審査員が読んでいないようなものでも、
記録は残しとるんやな。

で、その「恨み」の原因が詰まっていると思われる、
応募作品は公表しない…って。

この凶悪な事件、それこそ公表すべきではないか?。
世に問えば、私立ネット探偵のみなさんが、無料で
「パクリか?」「パクリでないか?」を
判断してくださる。

大体、容疑者の自宅から壊れた巨大なスピーカーや、
アニメの色紙なんて押収して、何の意味があるのだろうか?。
そのスピーカーで火をつけたのなら話はわかるが…。

そうか、橿原市もアニメとコラボしていたか。
大和高田市の市長がすべきは、e-スポーツではなくて、
アニメーションとのコラボレーションではなかろうか。
nice!(21) 

余命宣告・so-net、10月1日までの命!の巻 [市長からの有難いお言葉]

おはよう、みなさんおはよう!、
おはようございます!。

8月に入ったなぁ。世の中不景気やなぁ。
消費増税まで、あと2か月を切ったというのに、
まだ、今、この時点で、あれは軽減税率適用だ、
いや、これは適用外だ!とゴタゴタしてる。

なんせ、その基準がよくわからない。

コンビニで食品を買って、店の備品のイスやテーブルで
食ったら消費税10%適用。
もし、そのイスが店舗のものではなかったら8%。

でも、映画館行くわな。
カウンターでポップラコーン買うわな。
それ持って、映画館の座席で食うのは軽減税率8%やて!。

なんでや?!。

その座席は映画館のものではあるけれど、
そこに座る権利を金出して買ってるから…やて!。

こんな税の仕組み、買うほうも売るほうも
混乱しまくりちゃうか?。ちゃんと整備しない、
できないまま見切り発車するんや…。

もう、日本国、セブンペイみたいになれ。


さて、われらのおひざ元であるso-netさま。
8月になった途端、色々と発表になったな。
まぁ、これは「序章」に過ぎないのだけれど…。

10月1日をもって、ポイント遊びに
ベーシック会員は参加させてもらえなくなるぞ!。

・鮮魚もPON!
・野菜もPON!
・お肉もPON!
・こたえてPON!
・新ポイントポン!
・モモの森
・モモの不思議な扉
・すごろくゲーム
・ソネットポイントモール
・ごほうび広場
・応募回数 de 抽選プレゼント

一部サービスって、
全部やんけ!。

ふん…ワシは優良な有料会員だから大丈夫…ふふん…と、
タカをくくっていたら、ベーシックコースに
バッチリ入ってたわ…。つまり遊ばせてもらえるのも
10月1日までということ…。

毎月、会費払っててもこの仕打ち…。ひでぇなぁ…。

i-img1200x1200-1537201445l8gzqy1191521.jpg

nice!(21)