So-net無料ブログ作成

愛子さまを東京五輪に!雅子さまが願うわが子の皇室外交デビュー!の巻 [社会派]

《日本と世界の交流や相互理解が深められていく
機会となることを願っております》

雅子さまは昨年12月の誕生日に、東京五輪を
始めとする行事についてこう綴られていた。

1年後に迫った東京五輪について、
皇室ジャーナリストは雅子さまの活躍に期待を込める。

「世界中の注目が日本に集まるだけではなく、
各国から首脳や王族も来日します。
国際親善という観点から見ても一大イベントです。

雅子さまは、トランプ米大統領やマクロン仏大統領への
接遇ぶりにより、世界から脚光を浴びています。

“平和の祭典”である五輪において、雅子さまの存在が
国々の“懸け橋”になるのではないでしょうか。
さらに雅子さまは、東京五輪で愛子さまの
“国際ご公務デビュー”もお考えになっているそうです」。

愛子さまは現在、学習院女子高等科の3年生。
来年4月には学習院大学に進学される見込みだ。

これまでも雅子さまは、愛子さまが国際経験を
積めるようにと心を配られてきた。

「一昨年、東宮御所にデンマークやスウェーデンの王族が
招かれたとき、愛子さまもご懇談に同席されたのです。
愛子さまは通訳を介さず、英語で会話されました。

陛下は、愛子さまの語学力はご自分以上だと
話されているほどだそうです。東京五輪では、競技会場や
赤坂御所、レセプションの場などで、皇族方が各国要人を
接遇することになります。愛子さまが参加されることも
十分に考えられます」(皇室担当記者)

しかし、愛子さまが公の場で国際親善を
担ったことはまだない。
前出の皇室ジャーナリストは、その背景には
3年前の“苦い経験”があると語る。

「’16年の夏、雅子さまは長野県で開かれた『山の日』
記念全国大会など、いくつかのご公務に愛子さまを
お連れになりました。3年前の夏が愛子さまの国内での
ご公務デビューだったのです。

しかし、その秋から愛子さまは体調を崩し、
一時は目に見えて“激やせ”されてしまいました。
まだ中学3年生だった愛子さまには、プレッシャーが
大きかったのかもしれません。
それ以来、雅子さまは愛子さまのご公務への出席を
セーブされてきました」

それでも高校時代の3年間に数々の経験を積まれ、
大きく成長されている愛子さま。
「愛子さまは成績優秀なだけでなく、運動神経も抜群です。
テニスではパワフルなフォアハンド、ソフトボールでは
経験者の雅子さまも驚く速球をお投げになります。

両陛下とご一緒にプロ野球の試合を
ご覧になったこともあり、
スポーツ観戦もお好きです。
東京五輪もたいへん楽しみにされているはずです」
(宮内庁関係者)

御代替わりを機に“天皇の一人娘”である愛子さまの存在感は
日に日に増している。今回のご静養でも、伊豆急下田駅に
到着されたのは夜9時ごろだったにもかかわらず
大勢の市民が詰めかけ、「愛子さま!」と歓声が上がった。

「眞子さまや佳子さまも大学進学を機に注目を集めましたが、
来年の“愛子さまフィーバー”は、それをはるかに上回るものに
なるかもしれません。東京オリンピック・パラリンピックでも、
国際親善を担う愛子さまの活躍は、
名誉総裁を務める天皇陛下にとって大きな支えになるはず。

それは愛子さまの強い願いでもあり、お母さまの期待に
応えるために、愛子さまもその準備を
進められていることでしょう」
(皇室ジャーナリスト)

1年後の夏、愛子さまの笑顔が平和の祭典で咲き誇る――。

                  引用元 女性自身
無題.jpg


週刊女性、
ワザと
書いてるやろ?。


「…のはずです」「…となるでしょう」
「…かもしれません」。この連発。
ひとつも「こうです」「でした」がない。

最初、愛子さまを東京五輪に!なんて、見出しが
踊っているから、え?パラリンピック?、
愛子さまに合った種目あったっけ?内定した?、
不登校の期間を全国レベルで競うとか…?と思ったら、
国際親善の場に出て来いや!こらぁ~!と書いてある。

さらには来年、愛子さまが大学生になったら、
眞子さま、佳子さまを上回る「ヒーバー」が巻き起こると…。

どこまで人の子を追い込むねん。

雅子さまにしても、愛子さまにしても、
そっとしておいてやれよ。皇族だから外人が来たら、
接待せんといかんのか?。

これってモラハラ、パワハラちゃうか?。
ちゃんと静養させたれよ。皇族には人権はないのか?。

どう見ても、どう考えても現状、愛子さまが
東京オリンペックで選手宣誓…。無理やろ?。

このような報道が流れるたびにワシは心が痛む。
愛子さまにはなんの罪もないのに、
無責任に周りが勝手に騒いで、天皇の後継がどうの、
やれ、今日は学校に行った、今日は雅子さま同伴で、
午後から給食だけ食べに行った…。

イチイチこんな報道を全世界にされてたら、
ワシでも精神病院に入院するわ!。

週刊誌の報道も一見、ヨイショ!しているようにみえて、
その実、遠回しなイヤミを書いているようにしか思えない。

世が世なら全員、打ち首、お犬さまのエサじゃ!。

そこには愛子さまの意思はあるのだろうか。
本当に東京オリンペックでヤリ投げしてぇなぁ~と、
考えておられるのだろうか。

それならば、それでいいのだけれど…。

nice!(54) 

時代は「シン」!「シン・ウルトラマン」劇場公開決定の巻 [市長からの有難いお言葉]

庵野秀明監督が企画・脚本を務め、樋口真嗣監督が
メガホンをとる「シン・ウルトラマン」が
製作されることが決定。

あわせて、主人公の“ウルトラマンになる男”を
斎藤工が演じ、長澤まさみ、西島秀俊が
出演していることがわかった。

「シン・ゴジラ」が、シリーズ第1作「ゴジラ(1954)」の
現代社会での再構築であったように、本作が目指しているのは、
初めてテレビで「ウルトラマン」を目撃した時と同様の
衝撃をもたらすこと。

「ウルトラマン」の企画発想、原点に立ちかえりながら、
“未だ誰も見たことのないウルトラマン”が存在する
世界の体験を構築する。

               引用元 映画.com ニュース
640.jpg

あれだけガセです、と否定しておいて2021年公開やて!。

「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリヲン」、
「真・大和高田市ホームページ」…そして、
「シン・ウルトラマン」である。

今、時代の最先端を突っ走るのは「シン」である。

「シン」には様々な意味がこめられている。
「深」「真」「新」「信」「芯」「伸」「心」「清」
「進」「親」「震」「神」「身」…数え上げればキリがない。

当ブログにも、実は深い意味が…あるワケがない。
もっと考えてつければよかったなぁ。タイトル。
でも、時代が後から追いかけてきてくれたんで、
これからはもっともらしい事を言って箔をつけてやろう!。

令和時代、当ブログもなにかの間違いで
ブレイクできるかも知れない…!。
オラ、ワクワクしてきたぞ!。
nice!(29) 

トランプ大統領のマブダチ・人身売買で拘束中のジェフリー・エプスタインが自殺体で発見の巻 [社会派]

米国の大富豪ながら未成年者の人身売買や
性的虐待などの罪で逮捕されていた
ジェフリー・エプスタイン被告(66)が8月10日、
ニューヨーク市マンハッタンの拘置所内の独房で
遺体となって発見された。

拘置所側は「明らかな自殺」としているが、
トランプ大統領、クリントン元大統領、
さらに英国のアンドルー王子といった超VIPと
親交のある同被告は先月にも独房で首つり自殺を
図っており、厳重な管理下にある拘置所内で起きた
“二度目の自殺”に政治家をはじめ多くの関係者が
「口封じのために殺害された」と疑惑を投げかけ、
連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出す方針を固めた。

拘置所側からは自殺の具体的な方法、
さらに監視カメラの映像解析といった詳細が
公表されておらず、しかも死の数時間前には
弁護士と接見しており謎は深まるばかり。

ニューヨークの裁判所は9日、エプスタイン被告による
未成年者の人身売買の証拠となる法的文書の一部を
公開したばかり。同被告が最後に出廷したのは7月31日で、
この時に来年6月までは裁判は始まらないと言い渡されていた。

有罪となった場合は最長45年の禁錮刑。
ただし同被告は起訴事実を否定していた。

9日に公開された2000ページの法定文書では、
エプスタイン被告の「性の奴隷」だったと主張する
バージニア・ジュフリーさんの証言が中心。

ジュフリーさんは政財界の著名人との性行為を
強要されたと主張している。

エプスタイン被告はフロリダ州の自宅で少女らに金を払い、
性的なマッサージをさせたとして有罪判決を受けたが、
2007年に当時フロリダ州の連邦検事だった
アレクザンダー・アコスタ氏と司法取引を交わし、
連邦裁判所での起訴を免れていた事実がある。

この司法取引で同被告は性犯罪者として登録される見返りに、
禁錮1年1月という軽い刑を言い渡されて服役。
2009年に釈放されていた。

アコスタ氏はトランプ政権で労働長官になったが、
エプスタイン被告との司法取引で批判を受け、先月に辞任。
なお同被告と面識のあった著名人は全員、
未成年の人身取引については全く知らなかったと主張している。

                引用元 サンケイスポーツ
20190811s00042000188000p_view.jpg

自殺するほどメンタルの弱いヤツが、
人身売買やら少女売春するかいな!。

アメリカはさすがやな。ハッキリしとる。
「邪魔者は殺す!」。「使い道のないヤツも殺す!」。
その点、日本はコスイ。

みんなが連続する事件に目を奪われているうちに、
コソッと、森友学園の捜査終了したぞ。
佐川氏ら10人全員改めて不起訴処分!やて。

国をあげての国有地8億2.000万円値引きとか、
公文書偽造とか、み~んな不問やど!。
あれだけ国会を延々と長引かせておいて全員不起訴で
おしまい!。世はすべてこともなし。

さぁ!東京オリンペックにむけてガンバロ~!!。
日本とはそのような国なのだ。


nice!(26) 

沖縄・いやらしくない「おっぱい」展示会絶賛開催中!の巻 [社会派]

いやらしくない「おっぱい」 アートな写真400枚

沖縄県宜野湾市真栄原のギャラリーPIN-UPで
開かれている個展「おっぱい展3」が盛況だ。

1~8日までだったが、アンコール企画で
10~12日に臨時展の開催が決定した。
「おっぱい写真家」を名乗るアーティストのリキ山猫さんは
「おっぱい=エロスという固定概念が強い世の中で、
作品を見た人はいやらしさがないギャップを感じる。
その違和感が哲学になる」と熱っぽく語る。

海辺、サトウキビ畑、青空をバックで-。
さまざまなシチュエーション、画角で被写体を切り取った
写真約400枚がギャラリーの一室の壁にびっしりと並ぶ。

モデルをスカウトすることは一切なく、
申し出てくる人のみを撮っている。
個展を見た女性がその場で撮影を依頼することもあり、
開催期間は作品が更新されていく。

5日、個展に足を運んだ女性(25)は第1回個展を
見た際にその場で撮影を依頼したという。
「実際に見て、いやらしさがなくアートだと思えた。
今しか撮ってもらえないものを残したかった」と感想を話した。

             引用元 沖縄タイムス(画像とも)

おっぱいの展示会!。

そうだ!いやらしいも、いやらしくないもないぞ!。
とりあえず見せろ!ワシに見せろ!!。
ワシが判断するよってに!。どれどれ…?。

img_bbe8ca7efcdcb474bc6b462478bd5003161889 (1).jpg


・・・は?。

確かに…いやらしさは感じ…ないな…、
まったくと言っていいほど。
img_bbe8ca7efcdcb474bc6b462478bd5003161889.jpg


それよりも…、
img_bbe8ca7efcdcb474bc6b462478bd5003161889.jpg

この手つきがイヤらしい!!。

それにしても、うらましいな!。
おっぱい展示会をしていたら、その場で撮影を申し出る
25歳の女性て!!。

ワシも今日から「おっぱいブログ」に鞍替えするかな?。

nice!(25)